医師 村上
腹水はお腹の中に余分な体液が溜まっている状態を言います。
健康な人でもお腹の中には20~50mlほどの水がありますが、腹水はこの量を上回ります。

その量が1Lを越えると見た目の変化もわかりやすく、お腹が膨らんできます。
腹水が溜まるには必ず原因がありますし、病院で適切な治療を受ける必要があります。

腹水の原因(がん性腹膜炎や肝硬変・腎不全)

腹水の原因は主に炎症性のものと非炎症性のものに分けることができます。

がんになった臓器からがん細胞が剥がれ落ちたり、臓器を超えてお腹の中にがん細胞が散らばってしまうことで、臓器を包んでいる腹膜にがんが付着します。

がんに侵された腹膜は炎症を起こし膜としての役割が弱くなり、お腹の中に血管から浸み出た水分を通してしまいます。

肝臓が悪くなるとアルブミンが減少していきます。

アルブミンは血管内の水分調整を正常化する働きがありますので、これが減ると血管の中に水分を溜めておけずに血管の外に排出しやすくなってしまいます。

この結果、お腹に余計な水分が溜まるのです。

腎臓の機能が低下すると、多量のたんぱく質が尿に混じって排出されてしまいます。
たんぱく質が減ると、血管の外に塩分と水分が流れ出てしまうため腹水となってお腹に溜まります。

難治性腹水とは

腹水には難治性腹水と呼ばれているものがあります。
これは一般的な治療を行っても改善がみられないタイプの腹水を言います。

この場合は、標準的な治療による効果が期待できないため、腹水がどんどん溜まり息苦しさや食欲低下、お腹が張ることでの痛みを感じるようになります。

これらの症状を緩和するためには、腹水を抜く処置が必要になります。

多くの病院では腹水穿刺が行われますが、これは腹水の中にある体に必要な栄養やたんぱく質ごと排出してしまうため、体への影響が懸念されます。

CARTという治療を行っている病院もあります。

この方法は抜いた腹水から栄養やたんぱく質だけを残し、再度体の中に戻すため体への影響は少なくなります。

腹水の一般的な治療法

  • 安静
  • 塩分と水分の制限
  • 利尿剤
  • たんぱく質の点滴

腹水が溜まる状態は、病気が進行している状態ですから、まずは体を休め内臓の働きを最小限にします。
そして血管の水分と塩分の濃度を調整することで、血管から水分が流れ出るのを防ぎます。

お腹の中の水分は量が多くなると自然に排出するのは難しいくなりますので、利尿剤を使って体の外に出します。

たんぱく質の減少があ場合は、点滴でたんぱく質を補うことになります。

腹水の漢方治療について

一般的な治療と必要であれば穿刺などで腹水を排出していきますが、これら以外にも腹水の治療に使われるものがあります。
それが漢方薬です。

漢方薬は病気ではなく症状に合わせて使われますので、その人の症状と程度にあった漢方が処方されます。

腹水治療は腹水が溜まる原因を解決する、腹水を排出するという2つの側面からの働きかけが必要です。

漢方薬はもともとある体の働きを調整し正常化する効果もありますので、体の機能を活性化し、穿刺をしなくても腹水を自然排出する可能性を秘めています。

The following two tabs change content below.
北海道 函館生まれ 昭和53年3月 東京医科大学 卒業。昭和62年10月医療法人木村病院 勤務。平成1年10月 東京医科大学 客員講師。平成10年3月ホロス松戸クリニック開設。漢方栄養医取得。漢方医として病気の治療を行う。主に癌や腹水、肝硬変等、難病の漢方治療を得意とする。 現代医学と東洋医療の融合である統合医療を行う医師