腹水が溜まると体に様々な症状が現れます。
そのひとつがむくみです。

むくみは全身のどこにでも起こるものですが、腹水がある人の場合は特に足に症状が強くなります。
むくみの治療は腹水と一緒に行われますが、自分でできる軽減方法もあります。

腹水の原因(がん性腹膜炎・肝硬変)

腹水は病気により起こる症状ですが、がん性腹膜炎や肝硬変が原因の場合が多くあります。

がん性腹膜炎は腹膜にがんが転移した状態です。
どの部位のがんでも転移する可能性があるのですが、特に胃がん、卵巣がん、大腸がんで高いとされています。
がん性腹膜炎は進行が進んでから合併することが多い症状です。

肝硬変はウィルス感染や食生活の乱れ、アルコールの取り過ぎなどにより起こる病気です。
肝硬変になると肝臓の機能は低下し、血液中のアルブミンが減少します。

アルブミンは血液中の水分量を調整し、正常に循環するようにするたんぱく質です。
これが減少することで血液内外の水分バランスが壊れ、体内に水分が排出され腹水が溜まるのです。

上記以外にも、お腹の中の静脈圧が上昇して血液中の水分が浸み出てくる、何らかの理由でお腹の中のリンパ液が正常に吸収されずに溜まってしまうなどの原因もあります。

そもそも浮腫(むくみ)とは何?

むくみは循環作用が上手く行われず、体の中に老廃物や水分が溜まった状態を言います。
リンパ管や静脈の流れが悪くなり、水分調整が取れないことで起こるため、腹水と成分は基本的には同じということになります。

心臓から送り出された血液は動脈を通って、全身に栄や酸素を運んでいます。
心臓の拍動により動脈内の血液は全身を移動します。
そしてまた心臓に帰って行くのですが、帰っていく血液は静脈を通ります。
静脈には心臓と言う血液を押してくれるポンプがついていないため、筋肉が動くのを利用して血液を動かしているのです。

座りっぱなしや立ちっぱなしの場合は、筋肉の動きがないため静脈の動きが鈍くなり、水分の吸収が上手く行われずに溜まってしまうのです。

腹水のむくみ症状は何故起こるのか

では腹水があるとなぜむくみの症状が出てくるのでしょうか。
腹水が溜まるのは、血管内の水分調整が正常ではない、腹膜の炎症により腹水の吸収が上手く行えないことが原因です。

特に血管内の水分調整はアルブミンというたんぱく質の減少によりますから、これは全身で水分調整が行われなくなっていると言えるのです。

むくみは心臓よりも低いところで起こりやすく、下半身の血液は心臓に戻るには相当な圧が必要なります。
腹水がある時は安静が必要にもなりますので、血液を心臓まで戻すための筋肉の動きが制限されます。

そのため足の血液の流れが悪くなり、血管から水分が浸み出て溜まりむくみとなるのです。

むくみを軽減するには

むくみ解消には、腹水と同じように利尿剤を使って余分な水分を排出する方法があります。
これは医師の指示により処方された薬を使うことになります。

それ以外には、足の筋肉を動かすのが良いのですが、腹水がある場合は安静が必要なため過度な運動はできません。
ベッドの中で足首を回したり、膝の曲げ伸ばしをしたりするだけでも軽度の場合は解消されます。

The following two tabs change content below.
北海道 函館生まれ 昭和53年3月 東京医科大学 卒業。昭和62年10月医療法人木村病院 勤務。平成1年10月 東京医科大学 客員講師。平成10年3月ホロス松戸クリニック開設。漢方栄養医取得。漢方医として病気の治療を行う。主に癌や腹水、肝硬変等、難病の漢方治療を得意とする。 現代医学と東洋医療の融合である統合医療を行う医師